旅と日々。

自分の情報も誰かのお役にたてばと思い発信します。

2019年5月 北ドイツの旅⑩ ブレーメンからツェレへ。かなり良い アルトホフ ホテル。

f:id:nooburing:20191002224023j:plain

朝食はとらずに出発。昨夕行列ができていたパン屋さんで朝ごはんを購入することに。

f:id:nooburing:20191002224436j:plain

菓子パン系も豊富です。端にはイートインコーナーがありました。

大好物のクロワッサンとプレッツェル、ホットコーヒーを購入してホームへ。

ドイツはビールだけでなくコーヒーも美味しいです。

どこで飲んでもほぼ外れ無し。

ホームへ行く前に、電光掲示板で乗車予定の電車を確認したところ、横に赤字で

文が流れている。ドイツ語のみの表示。

行先変わったとか、運休だと予定変更必要なのでインフォメーションで確認したところ

使用する車両が変更になったとのことで、特に影響なし。

地方の駅だと英語表示無いこともあるのね。

こういう時はさっさと人に聞いた方が早い。

f:id:nooburing:20191002225155j:plain

拡大したらボケてしまいましたが、大変美味しいクロワッサンでした。

こんなのが駅で買えるなんて。この“kamps”というパン屋さん、ベルリン中央駅にも

あって、そちらもにぎわってました。

f:id:nooburing:20191002225441j:plain

待っている間に完食。

f:id:nooburing:20191002225525j:plain

Inter City、ICで移動。快適です。

電車の移動経路はほぼグーグルマップで調べて、DB(ドイツ鉄道)のアプリで込み具

合を確認し乗車しました。混んでいたら指定席をとるつもりでした。

鉄道パスは、2等自由席のものだったので指定席は別手配・別料金です。

これが1等のパスなら指定席も無料でした。ただ、どの電車も1等は空いていました。

2等は何とか座れたという時が何回かあったので、ゆとりの移動を楽しみたければ

1等のパスがいいでしょうね。

f:id:nooburing:20191002230043j:plain

ツェレの駅はかなり小さかったです。

ホテルまでは徒歩だと20分。この後観光するのでタクシーを使いました。

小さい駅でしたが3台くらいタクシーが来ていました。

ホテルはこちら。

www.booking.com

2名朝食付きで17000円くらいでした。一番安い部屋を選びましたが、インテリアが

好みど真ん中。もっと滞在したかったです。

f:id:nooburing:20191002230721j:plain

白・ライトグレー・ブラウン・ダークパープル。好きな色の取り合わせ。

f:id:nooburing:20191002230825j:plain

クラシックテイストでまとめられています。

f:id:nooburing:20191002230907j:plain

f:id:nooburing:20191002231009j:plain

バスルームはトイレとシャワースペースのみですが、シンプルで高級感。

f:id:nooburing:20191002231130j:plain

アメニティのデザインもかっこいい。ここのホテルはふかふかのスリッパもあり、

この後旅行中使いました。

f:id:nooburing:20191002231256j:plain

このカーテンのタッセルに鍵、好きなテイストが詰め込まれていて幸せ。

予約の時、広めの部屋にしようと思ったのですが、そちらは写真を見たところ

インテリアが好みでなく、狭かったけれどこのタイプを選んだ結果、正解。

 

人気のホテルだったので、早めに予約しました。

予約はBooking.comからしましたが、普通にサイトから入るとキャンセル料金が

必要な設定になっていました。

なぜか、トリップアドバイザーから予約に入るとキャンセル料が宿泊数日前まで

無料で利用できました。

 

午前到着だったので荷物を預かってもらい、観光に行こうとしたところ

お部屋の準備ができているのでどうぞと、チェックインさせてくれました。

親切!おかげでちょっと休憩でき、とても身軽になって観光に出かけられました。

2019年5月北ドイツの旅 ⑨ブレーメン スターインホテル プレミアムブレーメン宿泊、美味しいケーキ

f:id:nooburing:20190925182513j:plain

 

jp.hotels.com

駅の真向かいにあるホテルに宿泊。
郊外のホテルは安いことが多く、いつもよりグレード上げても予算内。
ゆったりめのファミリールームを選びました。

f:id:nooburing:20190925225021j:plain

リビングルームがあります。

f:id:nooburing:20190925225107j:plain

コーヒーメーカーも置いてあります。追加カプセルは有料で、フロントまでもらいに行

くようです。

f:id:nooburing:20190925225249j:plain

とても大きなクローゼット。セーフティーボックスもありますが、使う機会がありませ

んでした。

f:id:nooburing:20190925182529j:plain

清潔で広いバスルーム、バスタブ付きが嬉しいです。

ここは“タオル1枚ですべてを乗り切りたまえ”なホテルで、バスタオルが1枚のみ。

足りない人は、クローゼットに1人1枚予備が置かれているのでそれを使ってと書いてあ

りましたので、遠慮なく使いました。

フロントのスタッフも感じが良く、親切でした。

 

昨夜しっかり食べたこともあり、この日の夕食は軽めに。

カールスタットというデパートの地下で買ったお惣菜数種など。

シーフードサラダ、ポテトサラダと生ハム、そして瓶ビール。

ヨーロッパに来ると生ハムがとても安くて幸せ。

 

f:id:nooburing:20190925230457j:plain

デザートは、楽しみにしていたケーキです!

大好物のシュバルツバイダートルテとイチゴタルト。

ドイツのケーキは大きいのですが、甘さが控えめでクリームが美味しく

ペロッと1個食べてしまいます。

こちらで買ってきました。

goo.gl

昼前に通りかかったらテラス席がほぼ満員。老舗だし、グーグルマップでも高評価。

テラス席の人たちが食べているのもおいしそうでした。

観光を終えてホテルに戻るときに購入。

期待にしっかり応えてくれる、とっても美味しいケーキでした。

このサイズと味、日本では出会ったことないです。ああ、もう1回食べたいな。

 

ブレーメンでお茶するなら、お勧めのお店です。

店内も良い雰囲気でした。夕方までならテラス席もいいですね。

週末夕方4時くらいに行きましたが、いくつかのケーキは売り切れていて、

わたしの買ったものも残り数個でしたので、ケーキを選びたいなら行く時間は

考えた方が良さそうでした。

 

2019年5月北ドイツの旅 ⑧ブレーメン観光、郷土料理と靴屋さん

f:id:nooburing:20190923224507j:plain

シュヴェリーンを早朝に発ち、鉄道を乗り継いでブレーメンへ。

ブレーメンの駅前にホテルをとっていたので、荷物を預けて観光に行きます。

 

f:id:nooburing:20190923224653j:plain

この日は旧市庁舎周りに市場が出ていました。

それに加えてオランダかデンマークかのフェアをやっていて、屋台がけっこうな数

ありました。ドイツの人の屋台でチーズを5種類くらい購入。

 

オランダのチーズ屋台の方が繁盛していましたが、人が並んでいて吟味しにくそうだっ

たので避けました。購入したチーズ屋さんは屋台の端にあった小さいお店で、店長1人

のみ。数種類試食させてもらってから購入しました。

ブルーのストライプのテントだったかな。

感じの良い人で、あいさつなどいくつかのことばを、日本語でどういうのか質問

されました。ブレーメンは観光でくる日本人が多いのでしょうね。

 

f:id:nooburing:20190923225841j:plain


ブレーメンの音楽隊の銅像

どうやらロバの両脚を持つと幸運が来るとか、そういうのらしい。

鼻もなでると良いのかな、光ってるし。

写真撮影に並んでいたので、銅像だけ撮りました。

f:id:nooburing:20190923230108j:plain

少し歩くと昔の街並みがあって、この一帯は観光客で混んでました。

レストランやお土産物屋さんも多いエリア。

トリップアドバイザーで郷土料理とビールが楽しめる良さそうなレストランを検索、

Googlemap片手にわりとさまよって到着したのはこちら。

www.tripadvisor.jp

 

結構歩いてたので、ビールが一層染み渡りました。

お店のオリジナルビールだそうです。黒ビールとピルスナーを足して2で割ったような

味。とても美味しかったです。

f:id:nooburing:20190923230745j:plain

郷土料理から、肉料理とやっぱり食べる白アスパラ。

 

f:id:nooburing:20190923230857j:plain

f:id:nooburing:20190923230929j:plain

つけあわせのジャガイモはしっかりおなかにたまりますが、美味しいから残すことなく

いただきます。

メインのお肉とアスパラは言うまでもなく美味しかった。

 

f:id:nooburing:20190923231153j:plain

休日の午後だったので、なかなかの混みよう。

この旧市街は絵になりますね。

 

f:id:nooburing:20190923231252j:plain

古い街並みが素敵です。

ブレーメンは歩いて周るのにちょうどいいサイズ感。

駅から観光エリアまでは、カフェやショップが並んでいて歩くと楽しかったです。

 

SNIPESという靴屋さんで、靴を買いました。

種類が多く、店員さんも親切でたくさん試し履きをさせてもらいました。

Googlemapのコメントでは、店員の対応が悪いとの声もありますが、

今回は対応してくれた全店員、とてもいい接客でしたよ。

2階には健康靴がそろっていて、日本だと3倍くらいの値段になるようなメーカーが

数多くそろっていました。

今回、ベルリンではここのような靴屋が見つからなかったので、荷物になってもここで

買っておいて良かったです。

行きに購入したので、お店に買った靴は預かっておいてもらい、帰りに引き取りに

行きました。もちろん免税手続きは忘れません。

 

f:id:nooburing:20190923232130p:plain



2019年5月北ドイツの旅 ⑦シュヴェリーン ワインハウスウーレでの宿泊、夕食 

f:id:nooburing:20190919221059j:plain

シュヴェリーンの宿泊先は、旅行情報取集でサイト巡りをしている時に、海外在住の方のブログで見つけたところ。

ワインハウス ウーレ

Weinhaus Uhle

1泊2名 17,000円(食事無し)

 

f:id:nooburing:20190919221655j:plain

エレベーターで3階まで行くと到着。広くてモダンな部屋。

 

f:id:nooburing:20190919221837j:plain

屋根裏部屋的眺望。朝にはテラスで思い思いくつろぐ人たちが見えました。

下は表の通りを見下ろせます。この景観良いですね。

 

f:id:nooburing:20190919221801j:plain


バスルームはいたってシンプル。

水はけが悪いのと、タオルや着替えを置く台などが無いのが少し残念なところ。

 

 

デスクには電話、パンフレット類、無料の炭酸水と有料の炭酸なし水がデスクに置かれていました。

他にネスプレッソマシーン(コーヒー・ハーブティーのカプセル)あり。

クローゼットは写真の他に入口正面にも引き出しがあって収納はたっぷり。

貴重品入れもありました。

 

立地と部屋ももちろんですが、レストランが良さそうだったのも決め手のひとつ。

www.tripadvisor.jp

101件中2位だったんですね、ここ。そりゃよかったわけだ。

 

f:id:nooburing:20190919222501j:plain

クラシックな内装で、ピアノの生演奏までありました。

ただしお客さんの服装はジーンズの人もいたりでカジュアルより。

わたしの格好は、ワンピースとトッパーカーディガンにヒール(ベルリンフィル行った時と同じ)でやや頑張っちゃった感?

でも、この雰囲気でフルコースとワインで普段着は、自分的に違うのでまあ良しとしました。さすがにレギンス、Tシャツ、スニーカーでは、非日常感なさすぎ。

 

このレストラン、雰囲気も味もすごく良かったです。

その割にリーズナブル。

f:id:nooburing:20190919222846j:plain

アミューズ:ベジタブルミニコロッケ。スパイス効いてました。

 

 

f:id:nooburing:20190919224811j:plain

手をつけてしまった後な上、クロスにワインがこぼれてしまっていますが。

パンは3種類ほど出されました。バターと、スパイスペースト(ちょっと中東風味)。

もちろん、美味しい。

たくさんは飲めないのでグラスで注文。

カラフェで到着、グラスにたっぷり1杯分。ややお高めの赤で、1500円くらいでした。

 

f:id:nooburing:20190919222944j:plain

スープ仕立ての前菜。これ、ちょっと和風テイストだと思いました。醤油使ってあったんじゃないかな。繊細な風味でした。

 

f:id:nooburing:20190919224412j:plain

同行者が頼んだ、サーモンときゅうりの一皿。

わたしはきゅうりが嫌いなのでこれは避けたのですが、味見させてもらったら大丈夫だった。サーモンのおいしさが勝つ。

 

f:id:nooburing:20190919224544j:plain

魚のテリーヌ仕立て。濃い目のクリーム感と、添えられた野菜やハーブとの調和がお見事。もちろん、ワインによく合います。

 

f:id:nooburing:20190919225311j:plain

メインの肉料理。ほぼ赤身のみでとてもさっぱり。お肉の主張が控えめな分、ソースと

うまく合いました。まあまあ少食な方なので、この時点でおなか具合130%です。最後はややがんばって食べました。

 

f:id:nooburing:20190919225729j:plainでもこういうのはすんなり入っちゃうのだな。

ベリーのジェラートとブラマンジェ。

 

f:id:nooburing:20190919225824j:plain

チョコレートケーキと、アイスクリーム。ああ幸せ。

お腹にゆとりがあったら、きっともっと味わえた。

 

このコースで6000円くらいでした。

日本でこれくらいの雰囲気とクオリティのディナーなら、10000円前後クラスです。

 

f:id:nooburing:20190919230225j:plain

部屋に戻ったら、ターンダウンされていてお休み前のチョコレートが置かれていました。鳥のイラストが可愛い。ちなみにチョコも良いものでした。

 

翌日は7時過ぎにチェックアウトして移動予定だったこと、前の夕食がしっかりだと朝はほとんどお腹が空かないのが常なので食べませんでした。夕食のクオリティからしたらきっと良い朝食だと思います。食べといたら良かったな。

 

2019年5月北ドイツの旅 ⑥シュヴェリーン

f:id:nooburing:20190918221411j:plain

空港利用の大都市+郊外の都市という旅が好きです。

まずはシュヴェリーンという町に行きました。

NHKテレビのドイツ語講座でここのお城が出ていて、いい感じだったので決めました。

 

シュヴェリーンまでは鉄道で行きました。

詳細忘れてしまいましたが、ICと地方鉄道乗りついだかな?

f:id:nooburing:20190918222102j:plain

途中で車両トラブル起こしたらしく、全員下車して別の電車に乗り換える必要がありました。

アナウンスが聞き取れず、「みんなここで降りるのか~」なんてぼーっとしてたら、向かいに座っていた人が『ここでおりるんだよ、のりかえないと』的なことをドイツ語で言ってくれて、何とか回送電車に乗ったままの事態は避けられました。

 

ホテルにはシュヴェリーンミッテ駅が近かったので、そこで下車。

小さな駅で人もまばら、のんびりした感じです。

ショッピングセンターを通り抜けるのが近道なので、入ってみたら地元の人でにぎわっててこれはこれで面白い。

この町は近郊の人がちょっとした観光にくる場所のようで、ドイツ人や近郊の国の人と思われる観光客でにぎわっていました。京都でいうと、天橋立みたいな場所です。

お昼過ぎに到着したのでまずはホテルに荷物を預け、近くに白アスパラが食べられる

レストランはないかと聞くと、併設のレストランで提供していますよとのこと。

いい感じのフロントマネージャーさんで、レストランも雰囲気良しだったのでそこでいただくことに。

f:id:nooburing:20190918223240j:plain

f:id:nooburing:20190918223313j:plain

これで1500円ちょっとくらいだったと思います。

念願の白アスパラ。やっぱり白アスパラ大好き。

付け合わせのジャガイモが主食的な量でついてきたので、注文していたパンをキャンセルしました。

f:id:nooburing:20190918223610j:plain

ホテルからシュヴェリーン城までは徒歩10分くらい。

カフェやお土産物屋さんがある通りをちょっと歩いて、すぐに到着です。

入場料は12€(1500円くらい)だったかな。

 

ヨーロッパでは教会に立ち寄るのが好きで、お城には余り興味が持てないのですが、

今回は違いました。

シュヴェリーン城、ノイシュバインシュタイン城よりシェーンブルン宮殿より、その他これまで行ったどのお城よりも好きでした!

周囲が湖や木々に囲まれ、その景観を取り入れているのでなんだか落ち着く。

色遣いが上品で、凝った細工なのに華美ではないと感じました。

 

f:id:nooburing:20190918224442j:plain

どの窓からも木や湖が見える。

f:id:nooburing:20190918224507j:plain

玉座の間はさすがに豪華なんですが、そんなに広くなくてこじんまり。

 

ベルリンからだと2時間くらいかかるので、アクセスがいいとは言えませんが

このお城と周辺は本当に素敵で、おすすめです。

乗りませんでしたが、遊覧船もありました。

 

2019年5月北ドイツの旅 ⑤ベルリンフィルハーモニー

f:id:nooburing:20190908215302j:plain


旅行の予定を決める際、ベルリンフィルの演奏を聞きに行くことも目的の1つに入れていました。

日本で聞くとしたら、関東まで出向かなくてはいけないし、値段も軽く倍は超えます。

本拠地では2階席前方で1人33€、4000円ちょっと。2階席でも結構近いです。

チケットはオンラインで購入しました。

5月30日の公演でしたが、3月初めの発売初日に手配。

初日でもかなり席が埋まっていたので、自己手配される方は発売日に手配される方が良いです。

手配の仕方を丁寧に説明してくださるサイトもあり、助かりました。

公演の1ヶ月くらい前に、郵送でチケットが到着。

 

少し悩んだのは服装。

天下のベルリンフィルだけど、海外のクラシックコンサートに行くときのドレスコードをネットで調べたところ、そこまできちんとしなくて良い感じと判断。

少し良いレストランに行くときの格好、スマートカジュアルにしました。

  •  黒の膝丈ジャージー素材、ノースリーブワンピース
  •  グレーのトッパーカーディガン
  •  ロングネックレス
  •  黒タイツとグレースウェードパンプス
  •  黒クラッチバッグ

本当は青のジャージーワンピースにしようかとも思ったのだけれど、ヨーロッパは地味な色がベースと思っているので、青で浮いたらイヤだから無難な黒を選びました。

当日の開演前ホール・バーでの写真を貼りますので、今後行かれる方の参考になれば。

f:id:nooburing:20190908215341j:plain

思っていたよりカジュアルで、パンツの女性も多かったです。
全体として、町中よりはきちんと感がありました。やはり色は地味目です。
 
ベルリンフィルの演奏はテレビで何度か見ただけで、素人印象ですが、曲に入り込める演奏者が多い楽団だと思っていました。
日本でも時々クラシックを聴きに行っていますが、クラシック音楽鑑賞のことはよくわかりません。それでもここの楽団は演奏に情熱を感じました。曲の世界に連れて行ってもらいやすい。それだけの技量があるからできることなんでしょうね。
 
もっと安い席もあったので、公演があるときにベルリン滞在の予定があればぜひ聴きに行ってみてください。
世界の名だたる楽団の音楽を聴いてみる体験、良いですよ。
 
ちなみに交通手段は、行きは時間があまりなかったためベルリン中央駅からタクシーで1000円ちょっと。帰りは少し歩いて、市内1日券を利用し、バスに乗って帰りました。

2019年5月北ドイツの旅 ④ベルリン ビアガーデン 

 


時間は16時頃。

お昼もまともに食べなかったので、早めにビアガーデンを楽しむことにしました。

調べた中ではベルリン中央駅に近く、雰囲気も良さそうだったので、こちらに決定。

www.google.co.jp

鉄道で移動した後少し歩くと到着。

通りからは奥にこんな空間が広がっているなんて考えられなかったのですが、

これぞビアガーデンといった風景が広がっていました。

天気が良い午後に木の下で飲むとか、もう最高。

f:id:nooburing:20190904224923j:plain



平日午後4時にここでビールを楽しむ方々、年配の人は別としてどんなお仕事かな。

すでに結構な賑わいでした。

f:id:nooburing:20190904225005j:plain

注文は窓口に並んで、その場で支払いし受け取るシステム。

さすがにまだ午後4時だったのでほとんど並ぶことなくすみました。

ドリンクコーナーと、食べ物コーナーに分かれていて、店員さんがばっさばっさと

さばいていきます。(感じが良い店員さんばかり)

ドイツのビールは、やっぱり安い。そして美味しい。

400ml、生中サイズで300円前後。

食べる方は焼きソーセージとポテトサラダを注文。

こっちは800円くらいだったかな。ちょっと高め。

f:id:nooburing:20190904225650j:plain

町中にあるのに雰囲気良くて、地元感満載。楽しめました。

おすすめです。

それでも、帰り際に中央駅でベルリン名物カレーヴルストのお店を見つけ、

テイクアウト。部屋で瓶ビールと楽しみました。

 

CURRY36というチェーン店です。

パンに挟むタイプと、ウインナーだけのタイプとありました。

これも美味しかったです。

f:id:nooburing:20190904230117j:plain